ブログ

雨の日は・・  歯科検診・避難訓練をしました

 雨の降る日も増えてきました。雨が降ると外で遊べず残念そうな子ども達ですが、お部屋でごっこ遊びや、粘土や製作あそびなど楽しむ姿がよくみられます。せっかく雨が降っているので、マジックで絵を描いて雨の中にひろげると、インクがにじんで不思議な模様ができる様子を楽しんでいるクラスもありました。
 さまざまな小動物を見つけて教職員や子ども達が持ってきた、カタツムリや、タニシ、オタマジャクシ、ドジョウ、ザリガニなどだんだんと水槽が増え、のぞき込んだり触ったりして、触れ合うことを楽しんでいる姿もよく見られます。子ども達は大好きです。そんな関わり大事にしていきたいと思います。
 今週は、歯科検診・避難訓練も行われました。歯科検診では間隔をあけて並び、先生の前で大きく口を開けて診ていただきました。毎年白衣を見ると泣き出してしまう子もいますが、落ち着いて見ていただくことができ、虫歯の子も少なくよく磨けているとほめていただけてうれしかったです。
 今回の避難訓練は、火災訓練でした。非常ベルの音を聞き、放送の指示に従って、防災ずきんをかぶり、口をハンカチで覆い静かにホールに避難しました。ハンカチで口を覆うはずが、ハンカチをくわえている子もいましたが…。職員も火元の消火に駆け付け消火活動も行いました。ちょうどその日の夕方に、松代町内で火事がありとても驚きました。その様子をテレビなどで見て、火災の怖さを改めて知り、しっかり訓練をする大切さを実感したところです。

関連記事

PAGE TOP