ブログ

落ち葉がいっぱい 焼き芋、リンゴ狩り

 先週は、11月だというのに25度を超える暑い日もありました。木々の葉が一斉に落ち、朝夕の落葉集めが日課になりました。落ち葉を見るとやはり焼き芋ができたらなーという思いが。そこで近くの落葉のある場所まで出かけて行って、落葉をたくさん集めてもらってきました。18日園庭に火を起こし、お芋を濡れた新聞紙、アルミ箔に包み、火の中に入れ、劇あそびをやっている間に出来上がるといいねと思っていたら、思いのほか早くできて、先に食べてから安心して劇あそびを楽しみました。熱々の甘いお芋に満足そうな子ども達でした。
 19日には年長は、ご厚意で小布施の利根川園にリンゴ狩りに行かせていただきました。木になっているのを見るけれど、実際に取ってみることは初めての体験です。どれを取るか真剣に選んでいたようです。そのリンゴはとてもおいしかったようです。
 年中少も青垣公園にお散歩に出かけると、落葉がいっぱいで、たくさんの落葉に埋まってみたり、かけあって大喜びで遊んできました。遊びすぎて帰りの道は無言で歩いて帰ってきた子ども達でした。
 チュウリップの球根もみんなで植えました。来年の春きれいに咲くのを楽しみにしています。
 長野は、新型コロナ感染拡大によりレベル4になってしまい、不安が広がりました。しかし、健康管理をし、マスクや消毒の徹底するなどをして、子どもにとってできるだけできる経験をさせてあげたいという願いをもって歩んでいます。秋の深まりの中、多くの方に支えられ、外で人との間隔をあけてできるリンゴ狩りができたこと焼き芋や落葉で遊ぶことなどの経験が豊かにできたことに感謝しています。

関連記事

PAGE TOP