ブログ

劇あそびとお散歩・収穫感謝礼拝

「ちいさいおうち」のお話の中で、どんなことができるか子ども達と様々な場面を考え、いろんな動きを取り入れてやっています。いくつかの場面の中から、やりたい役を選んで何度かやってみて、その中から気に入った役を年少は1つ、年中は2つ、年長は3つやることになりました。出番が決まって、一緒にやる仲間と待っているのも楽しんでいる子ども達です。コロナの関係で、時間を短くし、1度に出る人数も限られるため、出番が少なくなってしまいちょっと残念ですが、それぞれのクラスでも、歌を歌ったり、いろいろな場面の動きを一緒にやってみたりして楽しむように心がけています。劇の公開は人数制限をして、密にならないように注意して公開になるため、多くの方に見ていただくことができないのは残念ですが、子ども達が伸び伸びと楽しむ経験が奪われずにできることに感謝をもって過ごしていきたいと思っています。

 朝晩は、冷え込みますが、昼間は温かく外で遊ぶのも気持ちよい毎日です。28日は全園児で松代の町を、29日は3歳以上児で劇あそびをした後に真田公園までお散歩に出かけ、外でお弁当を食べてきました。木の葉がパラパラと舞い落ちる中、お弁当を広げて食べるのは、気持ちよかったです。

 30日(金)には収穫感謝礼拝を守りました。家より野菜や果物を持ち寄っていただき、収穫を与えて生命を保ってくださる神様の恵みに感謝しました。様々な野菜や果物を見たり、触れたりする中で、育ててくださった方にも感謝の気持ちも持てたと思います。

関連記事

PAGE TOP