ブログ

オオムラサキの里へ

年中・長は、2日(木)松代町東条にあるオオムラサキの里を訪ねて、オオムラサキの幼虫や、さなぎ、成虫を観察してきました。園で蝶の幼虫を飼っていて丁度何匹か蝶になっていく様子を観察していた子ども達だったので、大喜びです。それも、園バスに乗って出かけるということで、うれしくて興奮気味でした。オオムラサキの保存に取り組む「小動物の育成環境保全プロジェクト」のメンバーの方々が、子ども達のために、テントを張ったり、様々に準備をして迎え、丁寧に説明や案内をして下さいました。昔はどこにでもあった原風景が今では、わずかしか残されていない貴重な場所であること、そんな場所が、身近にあることを知り、そして大事に守っていて下さる方々がいることもわかり感謝でした。「さなぎに触れてごらん」と言われて、エメラルドグリーンのさなぎに触れると、プリプリっと動くんです。貴重な体験をさせていただいたひと時でした。

関連記事

PAGE TOP