ブログ

念願の雪遊び

22日朝、雪が10センチほど積もりました。早速、スノーウエアーで登園してきた子ども達、我先にと園庭に出かけて行って、雪の感触を楽しんでいました。かまくら作りたいといっても真っ黒な小さな山ができるぐらいでしたが、それでも大喜びです。その小さな山からそりで滑ろうとする子も・・(笑)1時間ほどするともう土が見えて雪が見えなくなるほどでしたが嬉しそうでした。

雪が降ると冷え込みも一段と強まります。防寒具を着てお散歩にも出かけてきました。そして先週に引き続き氷遊びも続いています。使い捨てのビニール手袋に水を入れて北側の金網に吊しておいたのも、しっかりと固まり手形の氷になっていました。寒くても楽しい事も沢山ありますね。

今週も中学2年生の2クラスがやって来て、一緒に遊んでくれました。卒業生もいて嬉しくなるひと時でもあります。いろんな工夫をして楽しませてくれるので、いつも以上に子ども達も興奮しすぎてしまうこともありますが、お互い幸せなひと時のようです。「中学生が来るといっぱい遊んでもらい、いつもより未満児はすぐにお昼寝して良く寝るんですよ」と中学の先生に話したら、「中学生もいっぱい遊んで学校に帰ると、お昼近くの授業で寝てる子が増えて・・」という話を聞いて笑ってしまいました。

始業式に園長先生からお年玉でもらった、けん玉とコマ回しの大会を25日に行いました。初めはうまくできないからとあきらめていた子も、何度も手に取りやっているうちに少しずつまわせたり、お皿に乗ったりできるようになると、挑戦している子の姿が増え、競い合って楽しんでいました。2分間にお皿に何回玉を載せられるかと数えたら、最高で100回を超える子も・・・。それもすごい事ですが、できないからあきらめてやらないという子がいなかったことがうれしかったです。みんなに賞状を渡しました。

インフルエンザの流行もまだ松代幼稚園には来ていません。このまま来ないといいのですが‥。うがいや手洗い、そして水分補給も心がけて行っています。みんなで注意して過ごしていきましょう。

関連記事

PAGE TOP