ブログ

3学期開始・もちつき

9日(水)より3学期が始まりました。園長先生からお年玉で年長はけん玉、年中は紐ゴマ、年少は手回しゴマ、未満児は指回しごまをプレゼントしてもらいました。早速それぞれに色を塗って回してみましたが、年齢が高くなるにつれて難しいので、そう簡単にはできません。できないと諦めそうになる子もいますが、昨年も同じようにお年玉でこまなどもらい、交代して遊んだ経験もあることから、逆に今年はけん玉や、紐ゴマをもらえると楽しみにしている子もいたようです。1度回せることができると、一生出来るので、あきらめずにチャレンジしてほしいと思っています。

11日(金)お餅つきをしました。杵と臼を園庭に出して掛け声とともに園長先生が3臼ついてくださいました。大きなかけ声と共に、おもちになっていく様子を見たり、じっさいに子ども達もついてみました。インフルエンザの流行の兆しがあるので、安全を考え、今まではつく前のご飯やつきたてをちょっとだけ口に入れてあげたりしていましたが、今回はしませんでした。すると、年長児から「どうして味見しないの」とブーイングが。よく覚えているものです。その分いっぱい食べれたので、満足したと思いますが‥。逆におもちを詰まらせたら心配なので食べさせていないお家もあって、四苦八苦しながら食べていた子もいました。そんな時代なのでしょうか。

 

関連記事

PAGE TOP